埼玉在住エンジニアのナレッジ帳

webのエンジニアをやっており、日頃の開発で詰まったことについて残していきたいと思っています。https://ikujip.jpの開発も行っているため、そこで使った知識なども載せられればと思います。

EclipseでPythonを使う(Pydevの設定)

Python開発にはPycharmを使っていたのですが、
無料版(Community Edition)ではできることは限られており、
Web開発においてどうしてもブレークポイントを使ったデバッグをしたいと思っている僕としては、
壁にぶつかったので使用を断念しました。

そこでいつも通りEclipseを使用しようと考えたので、
Pythonが使える設定を入れました。
備忘として手順を記しておきます。

手順としては以下になります。
①PyDevのインストール
②実行環境の設定
パースペクティブビューの設定

まずは①の「PyDevのインストール」です。
PyDevはEcpliseでPythonを使う上で協力なプラグインであり、Eclipseで開発をするなら必須と言えるでしょう。
「ヘルプ(Help)」→「新規ソフトウェアのインストール(Install New Software)」へと進み、
作業対象(Work with)に「http://pydev.org/updates」を入力して「PyDev」と「PyDev Mylyn Integration (optional)
(Pydev Mylyn統合(オプション))」をインストールします。

インストールして再起動まで終わったら、次は②の「実行環境の設定」です。
「環境設定」画面に進むと、
PyDevがインストールされていることを確認できます。
「Pydev」→「interpreters(インタープリター)」→「Python Interpreter」へと進み、
「New(新規)」でインタープリターを設定します。

interpreter Name(インタプリンター名)」は何でもいいですが、「interpreter Name(インタプリンター実行可能ファイル)」は使用するpythonのバージョンの実行ファイルを指定してください。
私の場合はMacにデフォルトで入っているPythonを使用するので、
「/user/bin/python2.7」を指定しました。

次にpythonpathに追加するフォルダを選択する画面(Selection needed)が
出てきますが、すべて選択した状態で「OK」を押して進んでください。

あとは「Apply(適用)」→「OK」と進めば実行環境の設定が環境です。

③のパースペクティブビューについては、
PyDevをインストールした時点で設定できます。
「ウィンドウ(Window)」→「パースペクティブを開く(Open Perspective)」
→「その他(Other)」→「PyDev」と進むと設定が完了します。

全部文章での説明で終わりです。
え?今回は画像とかないの、って?
ええ、ないですよ
キャプチャ撮るの忘れてましたw
正直非常に簡単に設定できるのでなくても大丈夫です!w