親バカエンジニアのナレッジ帳

webのエンジニアをやっており、日頃の開発で詰まったことや書き残しておきたいことを載せています。

ちょっとした開発に便利なMAMPのバージョン4を使ってみた


環境構築が楽なMAMP

本格的な開発をする時には使わないのですが、WordPressでちょっとした開発をする時なんかはMAMPを使っております。
環境構築が楽でいいですよね。
とりあえず下記の公式サイトからダウンロードし、インストールまで実行します。
www.mamp.info

f:id:tomotomo1129:20180605183738p:plain

元々MAMPのバージョン3をインストールしていたので、その状態でMAMP4をインストールしたらどうなるんだろうと思っていたのですが、以下のように別名のファイルができあがります。

f:id:tomotomo1129:20180605183750p:plain

色々ややこしくなりそうなので、問題なければバージョン3の方は削除です。
いつも通りサーバを起動し、以下のように最新バージョンのインストールが確認できればOKです。

f:id:tomotomo1129:20180605183742p:plain

これでめでたしめでたしと思いきや...
PHPのバージョン選択画面を見ると、ん...?
PHPのバージョンは7しか選べない!

f:id:tomotomo1129:20180605183748p:plain

これフリーだからなのかなーどうなんだろ
PROにすればいいのかな?
でも正直そこまで使う必要もないし...と思い結局今回は3を入れ直しましたw
まだまだPHPのバージョンを5.6で動いしてるプロジェクトばかりなので。

バージョン5.6を使う方法

実はバージョン4のFREEのままでもPHP5.6を利用できました。
以下を参照してください。

ti-tomo-knowledge.hatenablog.com


いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

MAMPではじめるMac OS Xサーバサイドプログラミング

MAMPではじめるMac OS Xサーバサイドプログラミング